人生山あり谷あり谷添あり。

止まっているようで進んでいて進んでいるようで止まってる

わたしの理想像のひと

母は、偉大だ。超えられない理想の女性だと思う。歳を重ねるにつれて、わたしのお母さんほど、最高な母親はいないと思う。私もそんな母親に、女性になりたいと何度も思ってきた。今日のはなし。

f:id:tnzoe3:20180420221101j:image

   

仕事が一日休みだったので、新幹線と特急を乗り継いで日帰りで実家に帰った。しなければ行けないことを諸々済ませて、久しぶりに母親と二人でお茶をした。

f:id:tnzoe3:20180420221250j:image

  
時間があっという間に過ぎていた。気付けば駅に向かわなきゃ行けない時間で、わたしの話も、お母さんの話も、話し足りないという感じ。お母さんとの、こういう時間は昔から好きだった。

    
誰かと話すとき「これまでのこと」「いまのこと」「これからのこと」この三点セットを色んな話題で話せる時間が大好きだと思うようになったのは、この人からの影響が一番大きいんだろうな。

f:id:tnzoe3:20180420221036j:image

   
進路に迷っていた学生のとき、母親の経験値の高さに度肝を抜かされた。これまでもずっと近くに居てくれていたはずなのに、まるで別人かのように感じた。色んな選択肢を見せてくれる。見えない世界を教えてくれる。尊敬の意が凄かった。ただでさえ味方になってくれるスーパーマザーなのに、それ以上の存在だと気付かされたタイミングだった。

f:id:tnzoe3:20180420221328j:image

   
「育ちが良いね」と言われてきたのは、母親のおかげだと思っている。礼儀であったり気遣いであったり、人との向き合い方、仕事との向き合い方、自分との向き合い方。全部全部、何気ない会話から常に教えてもらってきてた。

    
誰かに自分を褒めて貰えるのは、こういう家族だったり周りのおかげだと心から思う。本当に与えてもらってばっかりで、何かを返すことは出来ているのかな。恩送りもそうだけど、やっぱり相手に同じように返したい気持ちが強くなる。

f:id:tnzoe3:20180420221450j:image

    

そんな母親と初めて恋愛の話になった。「これまで」と「いま」と「これから」を話すことができた。正直、恋愛の話は、結婚相手と決まる時でないと言うものではないと思っていた。

   
学歴や経済的に安定していて、誰もが認めるような理想の結婚相手とかでないと、そもそも恋愛対象として見ること自体を否定されると思っていた。両親に認められる人は、余程のことが無い限りいないだろうと思っていた。

     
「徐々に気になっていって、その人と付き合いたいと思った」ということを伝えることすら躊躇していたし、そもそもどういう顔で自分の恋愛観を話したらいいのか分からなくて話して来なかった。

f:id:tnzoe3:20180420221800j:image


と、色々言わなかった理由や言い訳は幾らでもあるんだけど、ひょんなことで話すことになった。想像とは違ったの時間になったし、そこでもやっぱりお母さんは偉大だと感じた。

  

  
やっぱりお母さんは好きだし偉大だし、俗に言うマザコンなのかもしれないけれど、身内にこんなにも尊敬できる理想像がいて幸せです。わたしも早くそうなる。そして周りに恩返しをしていくって、メラメラと感情を高ぶらせてる。

 

2018/04/20