人生山あり谷あり谷添あり。

止まっているようで進んでいて進んでいるようで止まってる

大好きなお祭りの話。後

今回のボランティアには、特別な思いがあった。第十回目っていうのもあったし、大好きな人達で溢れる回でもあった。

f:id:tnzoe3:20180916233647j:image

      
前職で出逢った特別な存在の教え子ちゃん。高校からの恋愛アドバイザーの親友ちゃん。人生を変えてくれたキーパーソンの先輩。お付き合いをしてくれてる大好きな彼氏くん。付き合うきっかけを作ってくれた人。大好きな友達と友達のカップル。ああもう数えきれない。大切な存在の大集合だった。行く前から最高に楽しみだった。

f:id:tnzoe3:20180916233758j:image

     

小さい頃からの憧れだった「先生になる」っていう夢が、今回のボランティア参加で対策不足が理由で「また来年」になっても良いって覚悟で参加した。それくらい、今回のボランティアは絶対絶対参加したかったし、悔いのないかたちで参加を終えたかった。だから、どれだけ反対されても曲げなかった。

f:id:tnzoe3:20180916234531j:image

        

とはいえ自己管理能力が低過ぎて、みんなが作業をしているときに昼まで寝てしまった日もあった。ボランティアは休みたいなら休めるし、動きたいなら無限に動くことができる。ただ、「悔いのないように動く」って決めたのにって速攻口だけの人間になっている自分に、落胆した。ある意味ここから巻き返すぞってなった。失敗経験って大事だ〜

f:id:tnzoe3:20180916233900j:image

      
楽しみながらも、悔いのないくらい動くって決めてやってきた本祭の朝。既に疲れがピークに達していて、手足の先まで疲れで痺れてるし腫れていた。周りの人は、いつもこれだけ動いてくれてたんだって気付いて泣きそうになった。色んな感情が、初めてだった。

f:id:tnzoe3:20180916233929j:image

     
無い頭をグルグル回転させて、動いて動いて動いた当日。少しだけ背伸びしながらも、等身大の自分で、できる最大限で楽しみながら動いた。他の動いてくれている人に、休む時間を少しでも作れるように、自分ができないところは周りを頼った。頼らせてくれる周りに感謝が止まらなかった。

f:id:tnzoe3:20180916234006j:image

     
終わった後に後悔しないように、終わった時の自分が好きな自分でいれるように、動いた。これまで参加してきた自分だから出来ることを思考グルングルンで動いた。空回りしていたかもしれないけど、最初から最後まで楽しかった。帰りの時間の関係で、お祭りは最後までいれなかったけど最高だった。完全に自己満足だけど、充実感たっぷりだった。

    

ずっと前から、何かの終わりが散らつく瞬間が苦手だったはずなのに、笑顔で帰る自分がいた。涙とか悲しい表情とか全くなかった。スッキリしてた。

f:id:tnzoe3:20180916234038j:image

       

そして終わった後の現実に戻される。帰ってきて、試験は二日後。試験内容は、模擬授業・面接が二つ・水泳・ピアノ弾き歌い・英会話・小論文。四日間。対策をしている期間、周りと比べたって何にもならないのに、どうしても比べてしまう自分がいた。

f:id:tnzoe3:20180916234123j:image

       
そうして不安がピークに達して、解決の出来ないモヤモヤした感情を取り除きたくってどうしようもなかった。誰かに頼りたい時に限って、頼り方が分からなかった。

     
「不安だし全然自信ない」ってとうとう耐えきれなくなって弱音を吐いたら「これまで約一週間、好きなことして楽しんだんだから四日間くらい頑張れ」って言われた。やれるだけやろう、終わった時に好きな自分でいれるように言い訳せずに向き合おうって気合いを入れ直した。

f:id:tnzoe3:20180916234227j:image

      
試験当日、心臓の音が身体の至るところで聞こえるくらい緊張した。多分、寿命が縮まった。「悔いなき人生にする」って何度も言い聞かせて、人という字を掌に何度も書いては飲み込んだ。四日間が終わった。

     

そして今週の金曜日、合否発表だった。受験番号AE292。続きはウェブで。

https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00364557/index.html

     
いま、好きな自分で生きていけてるなってなった。好きな人達に囲まれていつも生きてる。笑顔がたくさんの人生って、最高に心地が良い。ありがとうが、ありがとうを生む。好きが好きを生む。このサイクルって最高だなって思った。


2018/09/16

大好きなお祭りの話。前

ずっと前から、何かの終わりが散らつくあの瞬間が苦手だった。何度『最後まで全力で楽しめばいい』と言われても「もっとああしたかった」「ずっとこうしていたかった」がそれ以上に出てきてしまって、数時間後の別れの寂しさと悲しさを倍増させていた。

f:id:tnzoe3:20180901195510j:image

     

今年の夏は、平成最後の夏だったらしい。花火や浴衣、バーベキューに海にと青春という言葉が似合うほど夏を謳歌している人達が声を合わせて言っていた。それを聞いて、ああそうなんだと興味ないフリをしていた。

     
私の今年の夏は、あの「かとり」だった。というか二年前から決まって「かとり」だ。プライベートをよく知る人は「あれね、蚊取線香ね。高知県ね。」と冗談を交えて言ってくる。夏を匂わせる蝉の鳴き声が聞こえるだけで、かとりへの気持ちが高まっていた。紅葉が無くても気分紅葉だった。

f:id:tnzoe3:20180901195544j:image

      
二年前に初めて参加したボランティア。地域住民の人口が減って、閉じてしまっていた高知県の小さな地元にあるお祭りのボランティア。ステージから清掃、お化け屋敷まで作り上げる。

      
全国から集まるボランティアスタッフは「旅人達」と呼ばれていて、誰でも歓迎される空間がそこにある。そして本当に、世界や日本を周っている旅人さんも多くって、話をするだけで気持ちが高揚する。知らない世界がたくさんある。

f:id:tnzoe3:20180901195851j:image

     
インパクトやデッキブラシとか、草刈機とか。触れたことすらないものを「やったことがないなら、やってごらん」と丁寧に教えてくれて、任せてくれる。関係が築けての信頼というより信頼するから関係が築ける、そんなことまで教えてくれる。ああ、大好きが止まらない。

f:id:tnzoe3:20180901195916j:image

    
日中は、ひたすら各自の持ち場に別れてボランティアの作業をする。ボランティアだから、強制をされない作業量。でも皆が自分から動いてる。夜は毎晩のように宴。もちろん打ち合わせもある。毎晩のように温泉に入れてくれる。寝床も用意してくれる。美味しいご飯もある。阿波踊りも教えてくれる。

f:id:tnzoe3:20180901195937j:image

    
「ボランティアが楽しまないと、お祭りに来る子ども達は楽しめない。ボランティアが笑顔じゃないと、子ども達も笑顔になれない。」

     
二年前からヒロ君が伝え続けてくれている想い。お祭りのボランティアである「旅人達」がここに集まるのは、ヒロくんの温かさや考え方に共感するからだし、恩送りと同じくらいヒロ君に恩返しをしたいって人がいるからなんじゃないかなって思ってる。

f:id:tnzoe3:20180901200001j:image

    

とまあ、お祭りの魅力や概要は「来たらわかるから!」の一言に尽きる。それよりも、私は自分の感情をメモリアルしたい。ので、する。

    
話は戻って、受かると思っていなかった採用試験が通り、最終試験が夏祭りの本祭三日後という現実が八月頭に押し寄せて来た。帰ってから二日しかないという現実があったばっかりに周りとかなり揉めた。ボランティアに参加すること自体を否定的に言われた気持ちになった。何度も止められたて、その度に「伝えたい人に伝えたいことが、伝わらない」を繰り返した。放たれる言葉ひとつひとつが痛くて苦しくて辛かった。

    

あれ、書いたら書いたで長文が過ぎる。前半は終わりにする。綴りたい感情が多すぎました。またね。

f:id:tnzoe3:20180901200320j:image

2018/09/01

 

 

日めくりカレンダー

   

うちには、日めくりカレンダーがある。

     
小学生の頃から毎日めくられてきたカレンダーには、日付と一緒に言葉が書いてある。皆さんも良く知る、相田みつをさんのカレンダー。

f:id:tnzoe3:20180725222059j:image    

     
物心ついた頃から繰り返し、めくってきていた。すっかり日常の中に溶け込んでいる。敢えて意識的に見ることは、今ではほとんど無くなっている。

     

f:id:tnzoe3:20180725222145j:image    
朝起きたら、家族と「おはよう」を交わして、それからカレンダーを見る。何を思う訳でもなく、機械的に目を向けるという感じ。

     
最近は、なにかと「機械的」に取り組んでいくような気がして悲しくなる。充実はしていても、物足りない。充実の味を知っているから、毎日が薄く感じるのかもしれない。

f:id:tnzoe3:20180725222304j:image

    
何が正解か分からないことがある。というか、そういうことの方が多いかもしれない。ハナマルがほしくて、転ばぬ先の杖になっているように思える。大きな失敗しないようにしているから、物足りないのかもしれない。

f:id:tnzoe3:20180725222325j:image

        

二十四歳になり、これまでの経験から「自分の価値観が全てではないということ」を学んできた。その考え方がある上で、相手の価値観も全てではないということが同時に頭に浮かぶ。

      
こうなってくると、ここでも何が正しいかよく分からなくなる。「決めた後、正解にできるように動けばいい」なんて簡単な言葉で片付けることはできるけど、そうすると少しだけ自分の中に違和感が残る。

    

それが全てなはずなのに、断言していたり公言して決めつけたりする人は、皮肉と憧れを込めて凄いと思っていた。周りが見えていなかったときの自分を見ているような気持ち。

     

f:id:tnzoe3:20180725222537j:image   

今、そこまでの熱さがあるかと問い掛けるとするならば、答えは何になるだろう。言い訳を並べるのだけは得意になった気がする。

    

子どもの頃みたいに、必死になって目の前のことに向き合うのが苦手になった。というか逃げてきた。なにかを訴えかけて争うということが嫌で、良いように解釈していただけだった。悪い言い方をすると妥協になる。

      

f:id:tnzoe3:20180725222732j:image     
自分の価値観が確実ではない癖に、相手に押し付けるように主張するなんて、おこがましいと思ってた。環境も生き方も違うのに、ぶつかったところで平行線だとぶつかる前から先を見据えたような目をしていた。面倒なことから逃げていた。


なのにいつもどこか、強くも熱くもない自分がいることが腹立たしかった。都合のいいように自分に言い訳しているのが、まるわかりだった。

   

f:id:tnzoe3:20180725222804j:image 

そしたら、あの家のカレンダーが突然目に入った。日常の中に溶け込んでいたはずなのに、ぱっと目の前に現れた。

     

f:id:tnzoe3:20180725222837j:image

「アナタの主人公は アナタなんだよなあ」というもの。シンプル。分かりきっていることなのに、色んな意味に聞こえた。冷たいような温かいような、そんな言葉。

    

周りとは違って当たり前。生きてきた方法も生き方も違う。周りと比べる必要はない。「わたしは、わたし」と割り切ること。アナタというのを自分自身のこととして捉えての言葉。

 

自分と違ってもそっぽを向く必要はない。「あなたは、あなた」と一度は受け容れること。アナタというのが、周りのこととして捉えての言葉。

f:id:tnzoe3:20180725223005j:image

    

自分に対しても周りに対しても価値観はそんなに簡単には変わらない。だからこそ、周りとも自分とも上手く付き合っていきたい。

    

生き方がわかると、生きやすくなる。生きたいように生きるのが一番だと思う。


2018/07/25

お付き合いしている人の話

数年前に世間がワールドカップで盛り上がっていた日、大学の時に仲の良かった男友達が当時付き合っていた人と別れた日でもあった。

f:id:tnzoe3:20180623144113j:image

          

「別れたくなかったけど、付き合えたこと自体がプラスだったから感謝してる。」

    
男友達が涙を流しながらも、そう答えたのがとても印象的だった。色んなことを教えてもらったと、見てもいないテレビの方を向きながら話していた。

f:id:tnzoe3:20180623033603j:image

       
それから私も誰かと付き合う時は、長く続くウンヌンは抜きにして「相手にとってプラスな存在になれたらいいな」と思いながら付き合うようになった。

      
というより恋人関係にならなくても、相手のためになることが出来ていたら良かった。多くを望んで傷付きたくなかった、というのが正しいかもしれない。

     

自分が「それ以上」を望まずにいれば、誰ひとりとして苦しまないし、それが一番楽だった。恋愛の「好き」とほかの「好き」の境界線が分からなくても良いとすら思っていた。色んな感情が押し寄せてきても「線引きしなくても、私幸せだし」と言い聞かせていた。

f:id:tnzoe3:20180623030647j:image

    
そんな私が、今お付き合いしている人がいる。付き合っていることを、周りの誰からも応援されるような人とお付き合いしている。本当に周りの人に恵まれていると思う。

    

本当は恥ずかしいから、付き合っている時に相手のことを書くことはしないと決めていたし、相手を知っている人が多いと尚更、照れ臭かった。だけど、今回は彼の誕生日ということでサプライズで書いてみる。これを書いているのはブログを公開する誕生日よりも前の日に書いているので、当日はいっぱい緊張しそうだな〜。

f:id:tnzoe3:20180623030712j:image

     
ここ数ヶ月間は、その「誕生日のお祝い」を準備する期間ということもあって、喜ぶ姿を頭の中で浮かべながら何をしようか考えるのが楽しかった。

     

真っ直ぐで、人思いだからこそ、とびきりの笑顔になってほしい。この人のことを思いやって、誕生日に何かをできることが嬉しい。もう、本当に、幸せだ〜。

f:id:tnzoe3:20180623031724j:image

         
岐阜で出会ったのが初めてで、第一印象はこれまでに無いくらいのインパクトだった。生のニンニクを二人羽織で食べさせられて、怒ってお返しに唐辛子を食べさせた初対面。今思い返しても面白い。

f:id:tnzoe3:20180623031750j:image

      
その後は東京、高知、広島と色んな場所で会うことが増えた。彼がカナダに戻って、時差が十二時間あっても『その日あった嬉しかったこと』を電話で伝え合ったりしていた。気付けば彼の好きなジンバックも飲むようになってた。だんだん染まってる自分がいた。期待しない方が楽と言いながら、ちょっとだけ期待していた。

f:id:tnzoe3:20180623031124j:image

     
彼はいま栃木に居て、来年はカナダに戻る。その一方で、私は広島から佐賀に戻ってきた。これから距離はどんどん開いてく。そして基本的に、遠距離での恋愛は続かないと思っている。自分の周りに続いた人が少ないし、会いたい時に会えないのは切ないっていうのが前提で。

f:id:tnzoe3:20180623032010j:image

        
ただ、「この人と付き合った人は、きっと幸せなんだろうな」と素直に思ってた。そして、いざ付き合ってみると、距離はそんなに感じなかった。何より予想以上の『とびきりの幸せ者』にしてくれた。

     
それは間違いなく、距離を感じなくて済むように、いつも日常をアレンジしてくれるからで。彼のアイディアは素敵だなと思う。いつも楽しい気持ちにさせてくれる。私の彼氏は最高だぞ〜って自慢したくなっちゃう。

    

色んなところで、支えられてる。好かれ続けられるように、私も頑張ろうって意気込むことすらある。相手にとって、特にこの人にとっては、プラスでありたい。この一言に尽きる。

f:id:tnzoe3:20180623031455j:image

         
 恋愛の「好き」とほかの「好き」の境界線を、言葉として定義するのはやっぱり難しいけれど、全然違うってことは言い切れるようになった。恋愛の「好き」は、自分の黒い感情ともトコトン向き合わなきゃいけなくなる。その度に相手目線で考えるようにしてる。やっぱり相手の笑顔を作りたいなってなる。そして、なるべく面倒臭い自分には消えてくれともなる。

f:id:tnzoe3:20180623033107j:image

          

なんだか、いろいろ似ている人。好きなところを3つ挙げたら、彼が私に対して思っていた3つと同じだったくらい。大切にしたい価値観はすんなりと受け入れてくれて、真っ直ぐに気持ちを伝えてくれる。なんだか付き合っているだけで、とても心強い。

f:id:tnzoe3:20180623031623j:image

      
日常に楽しいを増やしてくれる人。自分の不安を取り除いてくれる人。色んな話が出来る人。優しくて人思いで、「もっともっと」が口癖の人。クールぶるのに、どこか抜けてる人。たまに周りが見えなくなるけど、必ず誰かに応援されている人。みんなを真っ直ぐに愛して、みんなに沢山愛される人だと思った。とにかく素敵で、大好きな人。

f:id:tnzoe3:20180623032246j:image

            

生まれて来てくれてありがとう。出逢ってくれてありがとう。付き合ってくれてありがとう。自慢の彼氏です。まさきけん。

   

2018/06/28

会ったことがない人と東京で会った話

会ったことは一度も無いのに「ブログ読んでます。大好きです。愛読者です。」と三拍子で伝えてくれた女の子がいた。名前は出さずに紹介する、メモリアル三号目。   

-----


共通の友人が多く、その友人達を介してその子の話題は何度か出てきていた。どんな子だろう、いつか会えるといいなと思っていたら突然連絡がやってきて会うことになった。

f:id:tnzoe3:20180608222330j:image

   
そんな人生で極めて珍しく、貴重な存在。想像していたよりもずっと、東京の女の子だった。仕事をしている自分が好きと話す彼女は素敵な笑顔の持ち主だった。

    

思っていることを、真っ直ぐに伝えられる素直な子だという印象がすぐについた。笑顔で、話を最初から最後まで聴いてくれた。話しの合間には「ずっと聴いていられるので、ずっと話していて欲しい」としっかり言葉にして伝えてくれた。

f:id:tnzoe3:20180608222356j:image    

       
話していて心地が良く、心なしか、話しながら自分のあたまの中の整理も出来ている感じがした。聞き上手は、このことだと思った。聞き上手がいるから、話している側は心地よい時間を過ごせる。双方にとって良い空間。

     
一時期は多くのコミュニティに属していたり、旅をしていた子が、今では「仕事に生きる子」になっていた。それは、全くマイナスのイメージではなくプラスな意味でのこと。

 f:id:tnzoe3:20180612204152j:image

     

その瞬間、瞬間を大事にしている子だった。その瞬間を大事にするために、時間の有意義な使い方を意識しているんだろうなと感じた。それもきっと無意識のうちにやっている。

    

同じ時間を過ごしていても、こう、意識するしないで一日の密度が変わる。濃密で味わい深さが増す。関わり方って大切だな、捉え方って大切だなって思った。

f:id:tnzoe3:20180608222526j:image

   

話し足りないくらいが丁度いい、帰り際にそう言い合いながら、大好きな淡麗もくれた。ブログを読んでくれているせいか、会う前から全部わかってくれている感覚に陥った。こんな出会い方は誰が何と言おうと、やっぱり嬉しかった。

    

もっと知りたい、もっと仲良くなりたい。「もっと」が続く時は好きだ。感情が揺さぶられる瞬間が好きだ。こんな時こそ自分の色が色濃く出ている気がする。

 f:id:tnzoe3:20180612202952j:image

     

初めて会ったにも関わらず恋愛の話をしてくれた。好きな気持ちは、やっぱり素敵だと思った。恋愛の話をしている彼女は、可愛く見えた。恋する人はキラリと輝いていると確信した。

   

悩めば悩むほど、好きな気持ちを再認識する。相手を思えば思うほど、嫌な自分と向き合う時間が増える。どんな未来が待っていたとしても、相手の反応を想像して笑顔になるようなことをお互いがしていけたらいいなと思いながら話をしていた。

   

彼女はきっと、それが出来ると思った。聞き上手な子は、相手の立場に立って考えられるから。余裕がなくなると恋愛感情は醜くなるものだけど、そんな時ほどよい距離感が大事になるとも思う。簡単なことではないけれど、ね。

         

f:id:tnzoe3:20180612203843j:image

   

人との出逢いは、やっぱり、面白いと思った。この一日だけでも楽しくて面白くて嬉しいんだから、これからもきっと関わり方次第でもっと楽しくて面白くて嬉しくなる。「これから」が楽しみになった東京最終日。ありがトーキョー。

   

2018/06/12

   

 

 

強さと弱さの関係

強いと思った彼女は直接二人で話すのは初めてで、ひたすら「強さ」を感じた。彼女自身が強いからこそ、周りの弱さを補える。名前は出さずに紹介する、自分の友人メモリアル二号目。   

-----

     

渋谷駅で待ち合わせ。彼女の持つ、透明色のバッグの中に本が入っているのが見えたとき、意外に感じた。というより、もともと二人で話したことがなかったので、色んな話をしたい気持ちが一層深まった気がした。

f:id:tnzoe3:20180606134226j:image

        
いつもニコニコしている。会うたびに「かわいいね」と伝えていた。三つ下の女の子とご飯に二人で行く機会が無いので少し緊張をした。

   

柔らかい印象を持つ彼女とは、今回二人で話をするのが初めてで。ブランコに乗れるという渋谷のカフェで、聞きなれない横文字だらけのメニューからパスタを選んだ。

   

話せば話すほど、知らない彼女の「これまで」が見えた。「これまで」と「いま」が繋がって、不思議な感覚になった。こうやって、人の価値観が生まれてくるんだ、と思えたからだと思う。

f:id:tnzoe3:20180606135316j:image

    

仲良い友人が自殺未遂をしていた現場を目の当たりにしていたり、大好きな恋人との別れから立ち止まった世界があったり。そんな色んな経験の後に追い打ちをかけるようにやってくる自己嫌悪感。その全てと彼女はしっかり向き合っていた。

    

たくさんの苦しい経験をバネにしているから、この子は強いんだと思った。これまで「できなかったこと」を、ひとつひとつクリアにしていっている。着実にステップアップしている、というような感じ。

f:id:tnzoe3:20180606134432j:image

           
目の前のことに真摯に向き合って、出来る出来ないのラインを、経験から自分のものさしを作っていく。ひとつひとつの経験を学びとして自分のものにしている証拠だと思った。

     

         
そんな彼女が「これからも大切にしていきたいことってある?」という問いに「人に優しくありたい」と答えた背景には、きっと多くの大切な存在があったんだと思う。

f:id:tnzoe3:20180606134713j:image    

    
誰かのために全力で向き合える人は、強い。彼女と話して「芯のある強さ」の偉大さを教えてもらった。それは周りとの向き合い方、好きな人との向き合い方、自分との向き合い方。辛い経験すらも、自分のチカラとしている。

    

         

「強いところも弱いところもある」という人に魅力を感じるのは、結局「弱いところ」も「強いところ」に変わるからなんだと気付かせてくれた東京二日目。

   

2018/06/06

魅惑的なひと

同性でありながら「女性的な魅力」を感じる友人がいる。そんな彼女を、名前は出さずに紹介する、自分の友人メモリアル一号目。

-----          

   

女の中の女であり、スマートでセクシーな印象。会う度に魅了されている。久しぶりでもそんな事を感じさせずに、時間を巻き戻してくれる。そして相手にとって、プラスアルファな時間に必ずしてくれる。

f:id:tnzoe3:20180605135239j:image

         
彼女は最高のパフォーマーだと思う。そしてプレゼンターでもある。本や経験から得た学びをプレゼンしてくれる。本を読むより、自分が経験するよりもずっと、充実感のある時間だった。

    

それだけじゃない。家に入ればバーテンダーにも料理人にもなった。人脈を目の前の人のために繋いでくれるマッチングのプロにもなった。起きうるトラブルを解決に導く占い師にまで、なる。そして、東京でベンチャー企業で働いている。

    

仕事ひとつだけではなく、いくつもコミュニティを持ち、その場に応じて何にでもなれる彼女が羨ましかった。

f:id:tnzoe3:20180605135104j:image

   

真面目な話からフランクな話までをしてくれた。話題が豊富で、ニーズに合わせて引き出しから相手が喜ぶものを選び出してくれる。こんな人が近くにいてくれたら、最高だろうなと会う度に思う。

f:id:tnzoe3:20180605135424j:image

          

そんな彼女の部屋には本棚に収まりきらないほどの本があった。私も本を読む方ではあるけれど、比にならないほどのジャンルの豊富さ。きっと彼女の魅了性は、努力の賜物だった。かっこいい、シンプルにその一言だった。

     

    
「本を読む」ということは、自己完結で終わりやすいと思っている。情報のインプットだけで終わりやすい。ただ彼女の場合は、インプットしたものを実践していたという過去があった。

f:id:tnzoe3:20180605140230j:image

   

水商売で働いていたことのある彼女は、相手がどんな人なのか関わる前から分かっている。新しいお客さんにも来てもらうために恋愛のマッチングアプリを使っていて、顔を見るだけで相手の性格がわかっている。

      

「こういう人は、大体こういう人だよ」と統計学の授業がずっと楽しくなるんじゃないかと思うくらいに分析されていた。見る目が鍛えられている、そんな風にも見えた。

f:id:tnzoe3:20180605135615j:image

        

「経験値に勝るものはない」ということは何度も感じてきていたけど、その経験値がグッと上がるかどうかは「その経験に学びがあるか」なんだと、彼女から改めて教えてもらった。

           
魅惑的なのは、人を魅惑するための才能と努力があったからだった。経験は力なり、その背景に見えない彼女がいて、それがとてつもなくかっこよく見えた東京初日だった。

        

2018/06/05