人生山あり谷あり谷添あり。

止まっているようで進んでいて進んでいるようで止まってる

お付き合いしている人の話

数年前に世間がワールドカップで盛り上がっていた日、大学の時に仲の良かった男友達が当時付き合っていた人と別れた日でもあった。

f:id:tnzoe3:20180623144113j:image

          

「別れたくなかったけど、付き合えたこと自体がプラスだったから感謝してる。」

    
男友達が涙を流しながらも、そう答えたのがとても印象的だった。色んなことを教えてもらったと、見てもいないテレビの方を向きながら話していた。

f:id:tnzoe3:20180623033603j:image

       
それから私も誰かと付き合う時は、長く続くウンヌンは抜きにして「相手にとってプラスな存在になれたらいいな」と思いながら付き合うようになった。

      
というより恋人関係にならなくても、相手のためになることが出来ていたら良かった。多くを望んで傷付きたくなかった、というのが正しいかもしれない。

     

自分が「それ以上」を望まずにいれば、誰ひとりとして苦しまないし、それが一番楽だった。恋愛の「好き」とほかの「好き」の境界線が分からなくても良いとすら思っていた。色んな感情が押し寄せてきても「線引きしなくても、私幸せだし」と言い聞かせていた。

f:id:tnzoe3:20180623030647j:image

    
そんな私が、今お付き合いしている人がいる。付き合っていることを、周りの誰からも応援されるような人とお付き合いしている。本当に周りの人に恵まれていると思う。

    

本当は恥ずかしいから、付き合っている時に相手のことを書くことはしないと決めていたし、相手を知っている人が多いと尚更、照れ臭かった。だけど、今回は彼の誕生日ということでサプライズで書いてみる。これを書いているのはブログを公開する誕生日よりも前の日に書いているので、当日はいっぱい緊張しそうだな〜。

f:id:tnzoe3:20180623030712j:image

     
ここ数ヶ月間は、その「誕生日のお祝い」を準備する期間ということもあって、喜ぶ姿を頭の中で浮かべながら何をしようか考えるのが楽しかった。

     

真っ直ぐで、人思いだからこそ、とびきりの笑顔になってほしい。この人のことを思いやって、誕生日に何かをできることが嬉しい。もう、本当に、幸せだ〜。

f:id:tnzoe3:20180623031724j:image

         
岐阜で出会ったのが初めてで、第一印象はこれまでに無いくらいのインパクトだった。生のニンニクを二人羽織で食べさせられて、怒ってお返しに唐辛子を食べさせた初対面。今思い返しても面白い。

f:id:tnzoe3:20180623031750j:image

      
その後は東京、高知、広島と色んな場所で会うことが増えた。彼がカナダに戻って、時差が十二時間あっても『その日あった嬉しかったこと』を電話で伝え合ったりしていた。気付けば彼の好きなジンバックも飲むようになってた。だんだん染まってる自分がいた。期待しない方が楽と言いながら、ちょっとだけ期待していた。

f:id:tnzoe3:20180623031124j:image

     
彼はいま栃木に居て、来年はカナダに戻る。その一方で、私は広島から佐賀に戻ってきた。これから距離はどんどん開いてく。そして基本的に、遠距離での恋愛は続かないと思っている。自分の周りに続いた人が少ないし、会いたい時に会えないのは切ないっていうのが前提で。

f:id:tnzoe3:20180623032010j:image

        
ただ、「この人と付き合った人は、きっと幸せなんだろうな」と素直に思ってた。そして、いざ付き合ってみると、距離はそんなに感じなかった。何より予想以上の『とびきりの幸せ者』にしてくれた。

     
それは間違いなく、距離を感じなくて済むように、いつも日常をアレンジしてくれるからで。彼のアイディアは素敵だなと思う。いつも楽しい気持ちにさせてくれる。私の彼氏は最高だぞ〜って自慢したくなっちゃう。

    

色んなところで、支えられてる。好かれ続けられるように、私も頑張ろうって意気込むことすらある。相手にとって、特にこの人にとっては、プラスでありたい。この一言に尽きる。

f:id:tnzoe3:20180623031455j:image

         
 恋愛の「好き」とほかの「好き」の境界線を、言葉として定義するのはやっぱり難しいけれど、全然違うってことは言い切れるようになった。恋愛の「好き」は、自分の黒い感情ともトコトン向き合わなきゃいけなくなる。その度に相手目線で考えるようにしてる。やっぱり相手の笑顔を作りたいなってなる。そして、なるべく面倒臭い自分には消えてくれともなる。

f:id:tnzoe3:20180623033107j:image

          

なんだか、いろいろ似ている人。好きなところを3つ挙げたら、彼が私に対して思っていた3つと同じだったくらい。大切にしたい価値観はすんなりと受け入れてくれて、真っ直ぐに気持ちを伝えてくれる。なんだか付き合っているだけで、とても心強い。

f:id:tnzoe3:20180623031623j:image

      
日常に楽しいを増やしてくれる人。自分の不安を取り除いてくれる人。色んな話が出来る人。優しくて人思いで、「もっともっと」が口癖の人。クールぶるのに、どこか抜けてる人。たまに周りが見えなくなるけど、必ず誰かに応援されている人。みんなを真っ直ぐに愛して、みんなに沢山愛される人だと思った。とにかく素敵で、大好きな人。

f:id:tnzoe3:20180623032246j:image

            

生まれて来てくれてありがとう。出逢ってくれてありがとう。付き合ってくれてありがとう。自慢の彼氏です。まさきけん。

   

2018/06/28

会ったことがない人と東京で会った話

会ったことは一度も無いのに「ブログ読んでます。大好きです。愛読者です。」と三拍子で伝えてくれた女の子がいた。名前は出さずに紹介する、メモリアル三号目。   

-----


共通の友人が多く、その友人達を介してその子の話題は何度か出てきていた。どんな子だろう、いつか会えるといいなと思っていたら突然連絡がやってきて会うことになった。

f:id:tnzoe3:20180608222330j:image

   
そんな人生で極めて珍しく、貴重な存在。想像していたよりもずっと、東京の女の子だった。仕事をしている自分が好きと話す彼女は素敵な笑顔の持ち主だった。

    

思っていることを、真っ直ぐに伝えられる素直な子だという印象がすぐについた。笑顔で、話を最初から最後まで聴いてくれた。話しの合間には「ずっと聴いていられるので、ずっと話していて欲しい」としっかり言葉にして伝えてくれた。

f:id:tnzoe3:20180608222356j:image    

       
話していて心地が良く、心なしか、話しながら自分のあたまの中の整理も出来ている感じがした。聞き上手は、このことだと思った。聞き上手がいるから、話している側は心地よい時間を過ごせる。双方にとって良い空間。

     
一時期は多くのコミュニティに属していたり、旅をしていた子が、今では「仕事に生きる子」になっていた。それは、全くマイナスのイメージではなくプラスな意味でのこと。

 f:id:tnzoe3:20180612204152j:image

     

その瞬間、瞬間を大事にしている子だった。その瞬間を大事にするために、時間の有意義な使い方を意識しているんだろうなと感じた。それもきっと無意識のうちにやっている。

    

同じ時間を過ごしていても、こう、意識するしないで一日の密度が変わる。濃密で味わい深さが増す。関わり方って大切だな、捉え方って大切だなって思った。

f:id:tnzoe3:20180608222526j:image

   

話し足りないくらいが丁度いい、帰り際にそう言い合いながら、大好きな淡麗もくれた。ブログを読んでくれているせいか、会う前から全部わかってくれている感覚に陥った。こんな出会い方は誰が何と言おうと、やっぱり嬉しかった。

    

もっと知りたい、もっと仲良くなりたい。「もっと」が続く時は好きだ。感情が揺さぶられる瞬間が好きだ。こんな時こそ自分の色が色濃く出ている気がする。

 f:id:tnzoe3:20180612202952j:image

     

初めて会ったにも関わらず恋愛の話をしてくれた。好きな気持ちは、やっぱり素敵だと思った。恋愛の話をしている彼女は、可愛く見えた。恋する人はキラリと輝いていると確信した。

   

悩めば悩むほど、好きな気持ちを再認識する。相手を思えば思うほど、嫌な自分と向き合う時間が増える。どんな未来が待っていたとしても、相手の反応を想像して笑顔になるようなことをお互いがしていけたらいいなと思いながら話をしていた。

   

彼女はきっと、それが出来ると思った。聞き上手な子は、相手の立場に立って考えられるから。余裕がなくなると恋愛感情は醜くなるものだけど、そんな時ほどよい距離感が大事になるとも思う。簡単なことではないけれど、ね。

         

f:id:tnzoe3:20180612203843j:image

   

人との出逢いは、やっぱり、面白いと思った。この一日だけでも楽しくて面白くて嬉しいんだから、これからもきっと関わり方次第でもっと楽しくて面白くて嬉しくなる。「これから」が楽しみになった東京最終日。ありがトーキョー。

   

2018/06/12

   

 

 

強さと弱さの関係

強いと思った彼女は直接二人で話すのは初めてで、ひたすら「強さ」を感じた。彼女自身が強いからこそ、周りの弱さを補える。名前は出さずに紹介する、自分の友人メモリアル二号目。   

-----

     

渋谷駅で待ち合わせ。彼女の持つ、透明色のバッグの中に本が入っているのが見えたとき、意外に感じた。というより、もともと二人で話したことがなかったので、色んな話をしたい気持ちが一層深まった気がした。

f:id:tnzoe3:20180606134226j:image

        
いつもニコニコしている。会うたびに「かわいいね」と伝えていた。三つ下の女の子とご飯に二人で行く機会が無いので少し緊張をした。

   

柔らかい印象を持つ彼女とは、今回二人で話をするのが初めてで。ブランコに乗れるという渋谷のカフェで、聞きなれない横文字だらけのメニューからパスタを選んだ。

   

話せば話すほど、知らない彼女の「これまで」が見えた。「これまで」と「いま」が繋がって、不思議な感覚になった。こうやって、人の価値観が生まれてくるんだ、と思えたからだと思う。

f:id:tnzoe3:20180606135316j:image

    

仲良い友人が自殺未遂をしていた現場を目の当たりにしていたり、大好きな恋人との別れから立ち止まった世界があったり。そんな色んな経験の後に追い打ちをかけるようにやってくる自己嫌悪感。その全てと彼女はしっかり向き合っていた。

    

たくさんの苦しい経験をバネにしているから、この子は強いんだと思った。これまで「できなかったこと」を、ひとつひとつクリアにしていっている。着実にステップアップしている、というような感じ。

f:id:tnzoe3:20180606134432j:image

           
目の前のことに真摯に向き合って、出来る出来ないのラインを、経験から自分のものさしを作っていく。ひとつひとつの経験を学びとして自分のものにしている証拠だと思った。

     

         
そんな彼女が「これからも大切にしていきたいことってある?」という問いに「人に優しくありたい」と答えた背景には、きっと多くの大切な存在があったんだと思う。

f:id:tnzoe3:20180606134713j:image    

    
誰かのために全力で向き合える人は、強い。彼女と話して「芯のある強さ」の偉大さを教えてもらった。それは周りとの向き合い方、好きな人との向き合い方、自分との向き合い方。辛い経験すらも、自分のチカラとしている。

    

         

「強いところも弱いところもある」という人に魅力を感じるのは、結局「弱いところ」も「強いところ」に変わるからなんだと気付かせてくれた東京二日目。

   

2018/06/06

魅惑的なひと

同性でありながら「女性的な魅力」を感じる友人がいる。そんな彼女を、名前は出さずに紹介する、自分の友人メモリアル一号目。

-----          

   

女の中の女であり、スマートでセクシーな印象。会う度に魅了されている。久しぶりでもそんな事を感じさせずに、時間を巻き戻してくれる。そして相手にとって、プラスアルファな時間に必ずしてくれる。

f:id:tnzoe3:20180605135239j:image

         
彼女は最高のパフォーマーだと思う。そしてプレゼンターでもある。本や経験から得た学びをプレゼンしてくれる。本を読むより、自分が経験するよりもずっと、充実感のある時間だった。

    

それだけじゃない。家に入ればバーテンダーにも料理人にもなった。人脈を目の前の人のために繋いでくれるマッチングのプロにもなった。起きうるトラブルを解決に導く占い師にまで、なる。そして、東京でベンチャー企業で働いている。

    

仕事ひとつだけではなく、いくつもコミュニティを持ち、その場に応じて何にでもなれる彼女が羨ましかった。

f:id:tnzoe3:20180605135104j:image

   

真面目な話からフランクな話までをしてくれた。話題が豊富で、ニーズに合わせて引き出しから相手が喜ぶものを選び出してくれる。こんな人が近くにいてくれたら、最高だろうなと会う度に思う。

f:id:tnzoe3:20180605135424j:image

          

そんな彼女の部屋には本棚に収まりきらないほどの本があった。私も本を読む方ではあるけれど、比にならないほどのジャンルの豊富さ。きっと彼女の魅了性は、努力の賜物だった。かっこいい、シンプルにその一言だった。

     

    
「本を読む」ということは、自己完結で終わりやすいと思っている。情報のインプットだけで終わりやすい。ただ彼女の場合は、インプットしたものを実践していたという過去があった。

f:id:tnzoe3:20180605140230j:image

   

水商売で働いていたことのある彼女は、相手がどんな人なのか関わる前から分かっている。新しいお客さんにも来てもらうために恋愛のマッチングアプリを使っていて、顔を見るだけで相手の性格がわかっている。

      

「こういう人は、大体こういう人だよ」と統計学の授業がずっと楽しくなるんじゃないかと思うくらいに分析されていた。見る目が鍛えられている、そんな風にも見えた。

f:id:tnzoe3:20180605135615j:image

        

「経験値に勝るものはない」ということは何度も感じてきていたけど、その経験値がグッと上がるかどうかは「その経験に学びがあるか」なんだと、彼女から改めて教えてもらった。

           
魅惑的なのは、人を魅惑するための才能と努力があったからだった。経験は力なり、その背景に見えない彼女がいて、それがとてつもなくかっこよく見えた東京初日だった。

        

2018/06/05

日常と、決めたこと

   

午前七時。

おばあちゃんとの電話で毎朝目が覚める。

「おはよう。今日は六時半に起きました。」

から始まる話の内容は毎回特にないけど、気づけば五分は話している。どちらかが必ず笑っている。

   

電話の終わりはいつも「今日も一日ファイト」とお互いに言って、終わったら布団に潜る。

f:id:tnzoe3:20180522235829j:image

      

最近の朝は、電話のあとに二度寝をしてバタバタと家を出る。路面電車で通勤するよりもバスで通勤する方が早いということを知って朝の余裕が出来た。ちなみにバス停の近くにある自販機のレモンスカッシュが最近のお気に入り。という、どうでもいい話もすこし挟みながら日常を記録してみる。

   

バスに揺られて職場に着く。バス停に着くまでに二百円を両替して「ありがとうございました」と同時に二十円のお釣りを手に取る。右ポケットにその十円玉ふたつを入れっぱなしの日もある。

f:id:tnzoe3:20180522235850j:image

         

職場には、いつも出勤時間の三十分前には着いて準備をする。上司が来る前に、すること全部終わっている日は心の中で小さくガッツポーズ。

   

休憩が短い時は五分のときもある多忙な業務をしながら笑って眉間に皺寄せてな毎日。仕事を終えて、原爆ドーム近くの橋を渡りながら帰路に立つ。橋の上から見る、川に反射する街灯は結構好き。

 f:id:tnzoe3:20180522235904j:image

    

そして一日の終わりには決まって「今日はいい日だ。」が言葉になる。そのうち「今日もいい日だった。」が口癖になる。

      

そんな毎日を過ごすのが残すところあと少しになったので記録することにした。色んなタイミングが重なって、予定よりも早く次のステップにいくことになった。いわゆる、退職というもの。

    

しかも人生で初めて職場での後輩、新卒くんがやってきたこのタイミング。新卒くんがやってきた日、言葉に表現できないくらいに可愛くて何でもしたくなった。理由のない愛情ってこういうことかと思った。突然お節介おばちゃんに変身した。

f:id:tnzoe3:20180523000031j:image

     

思い返せば、彼と同じように今の職場に入った日には想像ができない経験をさせてもらった。PCの授業、公務員の授業、大学での授業、退職者への授業、英語の授業、国家資格の授業。営業、面談、カウンセリング、案内。なんだか、自分でもすごいなと誇りに思う。

f:id:tnzoe3:20180523000042j:image

    

二年前の誕生日。

人生で初めて弱い部分も強い部分も魅せてくれた人のいる会社に内定が決まった。銀座にあるタリーズで面接の三時間前に社長の写真を見ながら面接のイメージをしていた。面接会場の壁に大好きなアインシュタインの絵があったのは忘れられない。

    

それから約一年後の二月のバレンタイン。

「この人からたくさん学びたい」と思った面接官だった上司のいる広島に配属が決定。顔合わせの懇親会で「お前はすごいやつになる」と評価してもらえたこと。なかなか結果が出なくて「できない自分」から目を背けたかったこと。

f:id:tnzoe3:20180523000102j:image

    

それでも自分の成長が相手のためになることが仕事になる職種に感動していった。幅広い年齢層や職種、境遇の人と広く深く関わることができることで視界が広がった。自分の当たり前が当たり前ではないということを知ることができた。

   

学びたいことが学べる、と自分の決断に間違いがなかったと思えることが嬉しかった。

    

世間に存在する遠さと身近さを感じたこと。

自分の良いところも悪いところも受け止めてくれる環境があった。苦手な「数字の世界」と「ビジネスとしてやっていくこと」から見えることが増えた。世の中に揉まれる感じが、嫌でもあり好きでもあった。

f:id:tnzoe3:20180523000149j:image

    

気づけば勤務するのは、あと七日。

仕事を辞めるということは、世間様に言えば「なにするの」「何考えてるの」となる。でも、わたしの場合は少し違って有難いなと思った。

    

喜んでくれる人や応援してくれる人が圧倒的に多くて驚いたし嬉しかった。悲しんでくれる人や寂しがってくれる人もいた。そして何度も止めてくれる人もいた。色んな人が近くにいてくれたんだと改めて気づかされた。

                                   

長く生きていけば、環境も求められることも求めていくものも変わってくる。その度に試されているような、試しているような気持ちに何度もなる。肯定と否定を何度も繰り返して、あとから後ろを振り返ったときに「変わった」と実感する。

    

本当に、一人じゃ何も出来ないと何度も何度も感じた。情けないし嫌いな自分が出てくるし、これでもかってくらいに自分に呆れて苦しかった。でもその度に、周りに何度も何度も救われてきたんだと思う。

   

あとすこし、この感謝を返せるように、ラストスパート、もう少し頑張ろうと思う。

   

2018/05/23

わたしの理想像のひと

母は、偉大だ。超えられない理想の女性だと思う。歳を重ねるにつれて、わたしのお母さんほど、最高な母親はいないと思う。私もそんな母親に、女性になりたいと何度も思ってきた。今日のはなし。

f:id:tnzoe3:20180420221101j:image

   

仕事が一日休みだったので、新幹線と特急を乗り継いで日帰りで実家に帰った。しなければ行けないことを諸々済ませて、久しぶりに母親と二人でお茶をした。

f:id:tnzoe3:20180420221250j:image

  
時間があっという間に過ぎていた。気付けば駅に向かわなきゃ行けない時間で、わたしの話も、お母さんの話も、話し足りないという感じ。お母さんとの、こういう時間は昔から好きだった。

    
誰かと話すとき「これまでのこと」「いまのこと」「これからのこと」この三点セットを色んな話題で話せる時間が大好きだと思うようになったのは、この人からの影響が一番大きいんだろうな。

f:id:tnzoe3:20180420221036j:image

   
進路に迷っていた学生のとき、母親の経験値の高さに度肝を抜かされた。これまでもずっと近くに居てくれていたはずなのに、まるで別人かのように感じた。色んな選択肢を見せてくれる。見えない世界を教えてくれる。尊敬の意が凄かった。ただでさえ味方になってくれるスーパーマザーなのに、それ以上の存在だと気付かされたタイミングだった。

f:id:tnzoe3:20180420221328j:image

   
「育ちが良いね」と言われてきたのは、母親のおかげだと思っている。礼儀であったり気遣いであったり、人との向き合い方、仕事との向き合い方、自分との向き合い方。全部全部、何気ない会話から常に教えてもらってきてた。

    
誰かに自分を褒めて貰えるのは、こういう家族だったり周りのおかげだと心から思う。本当に与えてもらってばっかりで、何かを返すことは出来ているのかな。恩送りもそうだけど、やっぱり相手に同じように返したい気持ちが強くなる。

f:id:tnzoe3:20180420221450j:image

    

そんな母親と初めて恋愛の話になった。「これまで」と「いま」と「これから」を話すことができた。正直、恋愛の話は、結婚相手と決まる時でないと言うものではないと思っていた。

   
学歴や経済的に安定していて、誰もが認めるような理想の結婚相手とかでないと、そもそも恋愛対象として見ること自体を否定されると思っていた。両親に認められる人は、余程のことが無い限りいないだろうと思っていた。

     
「徐々に気になっていって、その人と付き合いたいと思った」ということを伝えることすら躊躇していたし、そもそもどういう顔で自分の恋愛観を話したらいいのか分からなくて話して来なかった。

f:id:tnzoe3:20180420221800j:image


と、色々言わなかった理由や言い訳は幾らでもあるんだけど、ひょんなことで話すことになった。想像とは違ったの時間になったし、そこでもやっぱりお母さんは偉大だと感じた。

  

  
やっぱりお母さんは好きだし偉大だし、俗に言うマザコンなのかもしれないけれど、身内にこんなにも尊敬できる理想像がいて幸せです。わたしも早くそうなる。そして周りに恩返しをしていくって、メラメラと感情を高ぶらせてる。

 

2018/04/20

ここ最近の全部

「どうしたらいいのか分からないのと、どうしようもできないのと、どうにでもなってしまえというの。」と全てにおいて投げやりになったことがある。答えのないことをエンドレスで悩んで苦しくなってた。高校生のときも同じようなことがあった。変わってないな、とも思った。成長していないと何度も同じ壁にぶつかる。

f:id:tnzoe3:20180404092509j:image

         
変わらないと変わらないとって、何度も思ってきて、それなのに何をしても変わっている感じがしない。何回も不安になるし、情けなくて「嫌だ」と全てを投げ出してしまいたいを繰り返す。

    

苦しくなると、「逃げたい」気持ちが強くなる。逃げても意味がないということは分かりきっているのに、逃げたくなる。目を背けたところで、何もない。逃げた先には嫌いな弱い弱い自分がいるということは目に見えている。というのを何度も繰り返す。その度に、ちっぽけだと自分を小さく感じる。

 f:id:tnzoe3:20180404092549j:image

    

「逃げ」は、立ち止まらず、動いている証拠だと捉える人もいるけれど、そう簡単にも思えなかった。自分に対しては特に、いいように言っているだけの、言い訳に見える。

    

だからこそ、そういう弱いところを見せるのは苦手だし、自分が弱音を吐くこと自体、周りにはデメリットに感じる。期待値を下げて自分へのプレッシャーを減らす、そんなときに言うもんだと思えた。故に頼りたい時にヘラヘラとして、頼ることができない。自分から離れていこうとしてしまう。


f:id:tnzoe3:20180404092617j:image

強いところ弱いところ、どちらもあって「その人らしさ」が出てくる感じが好きと昔から言っている。そういう人間味溢れている素敵な人が周りには多い環境で過ごしてきた。

 

強いところばかりを見せる人は、プライドの高い人が多い。かっこつけたがる人は、弱い自分を見せないことが多い。かっこわるい自分を見せるのは、ある意味で自分の弱いところを公開することになるから、なのかもしれない。痛い程わかるし、わたしもそういうところあるし、あった。

f:id:tnzoe3:20180404104028j:image

   

強さも弱さもあって魅力を感じるんだと言っている癖に、「弱いところ、全く見せようとしないよね」と言われた。距離が一番近くあってほしい存在に言われた。情けなかったし、言われてぐうの音も出ないくらい腑に落ちた。人は弱いものなのに、強く見せようとする。強くあろうとするあまりに、弱いのを隠したがる。自分にとって、大きな存在の人から言われる言葉は響きやすかった。

    

そういえば、前に付き合っていた人と別れたのも自分のこういうところが原因だった。同じ壁にぶつかる、というのはこういうところでも繰り返されるのかっていう驚き。同じことは繰り返したくないし、繰り返さないようにしてくれるので本当にありがたいと思う。全力シェイシェイ。

f:id:tnzoe3:20180404111007j:image

   

周りに強さと弱さの開示を無意識に求めている一方で閉鎖的に独りよがりになっている自分がいた。この情けなさは、忘れずにいようと思った。そういう、とても欲張りで自分のことを棚に上げる部分は、良いように見ないでいた、見てこなかったんだと嘲笑った。

   

頑張らない理由は、幾らでもそのへんに転がっている。頑張る理由も、同じように沢山転がっている。

  

だからこそ、ちゃんと自分で向き合わないと甘やかしてくれる環境も厳しすぎる環境も、自分次第でいくらでも変えられる。

   f:id:tnzoe3:20180404111125j:image

   

変わるのは、変えようとしないと変わらない。重たい一歩は、自分から動かさないと変わらない。ちょっと不安だけど頑張ると決めてから、変わる一歩を三月は踏み出せたので、これからが勝負だなってなりました。

  

強い自分と弱い自分、どちらも自分だからこそうまく付き合っていこうと思う。少しずつ、少しずつ。そして、何が正解か分からなくなったら、きっと自分にしか目が向けられていない時。そういう時こそ周りに目を向けようと思った。踏み出します。

  

2018/04/04