人生山あり谷あり谷添あり。

止まっているようで進んでいて進んでいるようで止まってる

衝動に任せて書いた

 

この今の感情を、今すぐ書き残したい。と衝動に任せて文字に起こしている。

       

ここ数ヶ月間は、ゆっくり過ぎていってた。同時にあっという間にも過ぎてった。変わらないと変わらないとじゃ変われないし、変わってる実感もないんだろうなと思いながら何度も過ごしてきた。

 

久しぶりにペン握って文字書いた。 

f:id:tnzoe3:20170806183011j:image

   

   

そんな今日も大好きな人に会うことができて、気持ち揚々でラクダの真似をしました。元気になりました、ありがとう。エネルギーチャージ完了。幸せな時ほど調子に乗って気持ちが良いもんは無い。今月はいっぱい調子に乗れそう。    

f:id:tnzoe3:20170806183336j:image

     

苦しいことも、しんどいことも、ちゃんと向き合おう。目を逸らしても何も変わらない。少しずつ、変わろう。  しばらく経って読み返した時に成長してるといいな〜〜

    

2017/08/06

    

恋バナをしたら心配される理由

「あの人はこういう人だ」と一度なんらかの印象を持つと、ずっとその後もその印象はつき続け、そういう目でその人の事を見てしまう。しまいがち。

   

f:id:tnzoe3:20170522100829j:image   

    

すごいと思えば、そのへんの有名人よりも自分の中でのその人は輝き続ける。その人の紡ぐ言葉ひとつひとつに深みを感じて、尊敬に尊敬を重ねていく。何をしても素敵、というようになる。ある意味で、相手が見えなくなる。

       

「そんな大した人間じゃないよ」と言われれば「じゃあ、どんな人間なのかもっと知りたい。」となる。自分の見ている世界が全てではないとは分かっていながら、自分の見えている世界以外に目を向けようとすると何が何だか分からなくなる。

 f:id:tnzoe3:20170522101217j:image

 

自分から好きになるときは大体、関わってから好きになる。知れば知るほど魅力的に感じて、見えなくなる。好きになったら相手に完全に染まる。

   

お薦めと言われた映画は全て見るし、相手が好きな食べ物や飲み物は全て好きになる。ショートヘアが好きと言われて翌日、伸ばしていた髪をバッサリ切ったこともある。こんなにも影響を受けやすいものかと驚くことがある。好きがこんなにも大きいものだったのかと気付かされる。染まりやすい。でも、きっと好きになったら相手に染まるのは誰でも経験あるはず。

     
ただ、友達と恋バナをしているときに「過去になにがあった」と心配されるくらいには恋愛感情に対して踏み出すということができない。それはBARで働いていた短い期間で学んだ大人のブラックな姿が頭から離れないからだと思う。

f:id:tnzoe3:20170522101326j:image

 

「きみ、若いから同世代の人としか経験ないでしょ。もっと上とのセックスを経験した方が良いよ。知らないなら教えてあげるから。踏み台にしていいよ。」とダイレクトに言われたこともある。親切心なのかもしれないけれど、結局自分がやりたいだけでしょと冷めた自分がいた。

   
「性欲処理でしかないよ、女は。付き合ったら面倒になるだけでしょ。だるい。」と愚痴をこぼす年の近い男の人の話。

   
「コンドームは男が買うことが多いけれど、別に男が避妊する必要ないし、妊娠したら捨てればいいだけだから逆だろ」と自慢げに話す人もいた。

    

  

別にこれが男の人の実態だとか、この考えが世の男性の全てではないとは思うけれど、セーブをかけるようになった。きっと皆に言っている。自分の欲のために言っている。そう考え始めたら、どれだけ相手を魅力的に感じていてもぐっと冷める。美化しすぎていたと冷める。

f:id:tnzoe3:20170522101308j:image

   

でもやっぱり好きな人に好きと言いたいし、本当に好きな人から好きと言われたい。でもまあ男の人が複雑なように、女の人もきっと複雑なんだろうなきっと。

 

ということを書いていたら隣の席にいた男性から連絡先が書いてある紙を渡されて戸惑っていますが、詐欺の可能性もあると言われ益々混乱しています。人間ってむずかしい。

 

2017/05/22

ゴールデンウイークのはなし

休みが当たり前のようにあった大学生の時と違って、連休は基本的にない社会人。二日連続の休みが無いマイナスのように聞こえる日も、実はプラスだったりする。経験しないと分からないことって多い。

f:id:tnzoe3:20170507070041j:image

        
無いものと思っていた五月のゴールデンウイークは、三日間のお休みを頂けて。大好きなお婆ちゃんの米寿のお祝いをする為に一日休みを増やしてもらい、四日間の連休。休みっていうのが「特別」になった今、この四連休は、特に貴重&大切レベルが高かった。最高に楽しみだった。

     

名古屋と岐阜と福岡に行ってきた四日間は、大好きな二人が企画したキャンプに気持ちが高揚して、財布も携帯も無くすという、エブリタイム余裕無し状態だったけど全て見つかって結果オーライってことにする。

f:id:tnzoe3:20170507070345j:image

f:id:tnzoe3:20170507070225j:image

 

もう余韻が止まらない。ビバ青春☆☆って感じ。若さしかない。

f:id:tnzoe3:20170507070517j:image

f:id:tnzoe3:20170507070637j:image

f:id:tnzoe3:20170507071543j:image

f:id:tnzoe3:20170507071600j:image    
仕事だけじゃない楽しみのある人生にするかしないかは自分次第だなって思った。 帰って来てからも、わざわざ広島に来てくれる存在がいてくれて幸せの極みかよってなった。

    

f:id:tnzoe3:20170507071250j:image


広島にいるという実感は正直まだあまりないけれど、街中で飛び交う方言に「じゃ」が多いところや帰り道に川と橋が幾つかあるという点では、福岡とは違うなって思う。

    

家に着くのが二十三時過ぎて、夜ご飯どうしようタイムの毎日。冷蔵庫の中を淡麗でいっぱいにして、仕事終わりに飲むっていうのが唯一の楽しみとか言い出す生涯独身働きウーマンとかになりそうだったので、冷蔵庫を他のものでいっぱいにするようにしました。「特別感」のレベル感を高めるためにしばらく禁酒生活。

 f:id:tnzoe3:20170507070319j:image

 

この「特別感」が、たまらなく好きで嬉しくて常に感じていたいくらいある。だからこそ「特別」だけじゃなくて、特別ではない方にも意味が出てくる。特別も当たり前も大切にしていきたい。

         

2017/05/07

社会人になりました。

三月三十一日、新幹線の窓越しに母親と涙のサヨナラをして、東京二十二日目に書いたこと。

     
東京での研修が終わり、バタバタ飛行機に乗り込んで大好きなスターフライヤーで珈琲を飲みながら記録する。

f:id:tnzoe3:20170427142452j:image

     
毎朝毎晩通勤は満員電車、四六時中会社の勉強。毎日三食自炊して、一通り終わればまた勉強。電車で寝てもいないのに最寄り駅を通り過ぎていたり、気付けばお風呂で気を失っていたり、なんて日もあった。

     

    

学生の時もハードな日を送るというのには慣れているはずだった。学校終わりの飲食店のバイトを二十三時半まで、終わってBARで朝四時まで働く。ベッドに横たわる二時間半後には学校というルーティン。その限られた睡眠時間ですら、友達との電話にあてる日すらあった。

     

若さなのか、考えていないだけだったのか、わからない。タフだった。

f:id:tnzoe3:20170425164949j:image  

      

社会人の今は、五時間の睡眠は確保できていても、頭が働かなかった。価値を提供できない自分のレベルの低さが苦しかった。数字で評価され、ランキング付けされ、公表。意図を理解していても、プレッシャーに押し潰されそうになり、周りとの差がつく感じもストレスだった。

     

苦しくて能無しの自分に嫌気がさしたけど、頑張ろうと思えたのは上司の言葉や同期の存在。週1の休みに名古屋、新宿、お台場で大好きな人達に沢山会えたことも大きい。

   

f:id:tnzoe3:20170427142918j:image

    

苦しいとか、寂しいとか、羨ましいとか、全ては自分次第でなんとかできる時もあるということを証明したかった。悲しいと、悔しいは全部誰かの救いになる。未来の自分かもしれないし、自分ではない同じ思いをした他の誰かかもしれないけれど、絶対つながると何度も言い聞かせる内に変わっていく気がした。

f:id:tnzoe3:20170427143022j:image    

     

ぎゅうぎゅうに人が敷き詰められる東京の満員電車が、楽しいアトラクションのように変わった。電車に入ってすぐ、椅子取りゲームの開始と思うようになった。すると電車を待つ時間が楽しくなった。

   

そこで座れなかったら、次は満員電車の中で外国人の近くに移動して、リスニングの授業の始まり。テレビの天気予報を見なくても、天気を教えてもらえるようになった。

   

椅子も座れず外国人もいないとき、イヤホンをしている人がいれば音漏れを頼りにイントロドン。それすらも出来なければ、広告の出番。大好きな淡麗やお酒の広告を探して、気分を上げる。

      

起きている事実は同じでも、楽しみ方が変わった。満員電車だけじゃない。駅から会社までの道を毎日少しずつ変えて冒険する。銀座は、大都会だ。カフェに入る日もあれば、いつもより二時間前に家を出て散歩をする、とか。エナジードリンクを変えてみる、とか。

f:id:tnzoe3:20170427143116j:image

     
東京に来た日から今日までで気付いたのは、全てを前向きに捉えるっていうのが案外難しいということ。それでも、なんとか変えようとするだけで、少しだけ気持ちが明るくなる。

     

自分でなんともできないときは、誰かに頼ってみたらいい。相談じゃなくても話すだけで気持ちが楽になる。どうしようもないときに、顔が浮かぶ存在になりたいと思った。

f:id:tnzoe3:20170427143218j:image

     

東京ありがとうございました、また勉強することができました。

 

2017/04/22

大好きな人から突き放されて考えたこと

「程よい距離感」というのは人それぞれであり、幼少期の経験が強く関係していることが分かった。距離感ってなんだ。「あなたとわたしの程よい距離感は30cmです」というくらいに明確に表すことができたらいいのに。少しだけ、前の話をします。長いです。

f:id:tnzoe3:20170331203232j:image

          

この間「程よい距離感」について書いたのは、その距離感というのが分からなくて、心から尊敬していて大好きな人から突き放されてしまったからだった。というのも、ことの発端は「嫌なら突き放してくれ」と言い出した私自身で。感情的になって出てきた言葉が、状況を悪化させた。自分にとっての程よい距離感と、相手にとっての程よい距離感というものに違いが生じていた。

f:id:tnzoe3:20170331203643j:image

             

途端に連絡が取れなくなって、関係を遮断された。「悲しい」とか「後悔」のあとに、「これでよかったのかもしれない」と気付けば合理化しようとしていた。感情のすり替えをしようとした。

                  

相手にとって、自分という存在がすべての事から差し引いてみれば「こっちの方が良い」ときっと思うだろう。すべて、無かったことにすればいい。「出会わなければよかった」というより、「そもそも出会っていなかった」と思い込めばいい。そうすれば自分も相手も、こんな複雑な思いをしなくて済むと思った。でも、それで良いとは思いきれなかった。

f:id:tnzoe3:20170331203356j:image

   

随分と前に、親しくさせてもらっている先輩から「好きとか嫌いとか、はっきり言えるところ,いいよね、すごく好き」と褒められたことがある。素直に嬉しかった。好きを好きと伝えていいことが嬉しかった。好きだなと感じたら、すぐに相手に伝えようと強く思った。

           

だけど複雑なことに「好き」という二文字には色んな種類の「好き」がある、らしい。恋愛の好き、友達の好き、家族の好き、憧れからくる好き、親近感からくる好き。私が伝えていた好きは、全て同じフレームの中にあった。カテゴライズすることで「曖昧模糊としたもの」が消えるのを避けていたのかもしれない。言葉に出来ない感情を言葉にしてしまったら、その美しさが失われるような、そんな感じ。

        

ただ、好きだという感情に偽りはなく。「好きだから好きと伝えた」という、それだけだった。でも伝える相手のことは考えていなかった。人として尊敬していて大好きで、どうしてこんなに素敵なのかと、関われば関わるほど魅了されていた。魅了される度に好きを伝えていた。それが、伝えるたびに苦しませていたと、後で知った。

f:id:tnzoe3:20170331203744j:image

    

「恋愛なのかどうなのか分からない好きのままでいる」という現状に満足していたことは、曖昧だからこそ誰からも理解されてなかった。現状に満足していたからこそ、理解されようともしていなかった。

         

恋愛としての「好き」とそうでない「好き」の境界線が分かったなら、この距離感の違いをうまい具合に調整できたのかとも思った。

        

聞けば「キスができるか」だの「セックスができるか」だの、そういう関係のことばかりでラインを引いている人が、ほとんどのようだった。身体だけがその人との関係なら、セックスフレンドはどう説明するのか。それを言ったら「逆に言えばそこなかったら、ただの友達止まりでもよくない?」と言われた。確かに、とも思ったし、そうなのかなとも思った。

         

また、別の人は「弱さを見せ合えるか」で線引きをしていると言った。少し納得をした一方で、付き合うことが弱さを見せ合うことができる関係になることなら、それは甘えなんじゃないかとも思った。どちらかが頼ることで、頼れない若しくは頼られる側に徹してしまって、相互関係は無くなってしまうんじゃないか、とか疑問を持ち始めたらキリが無かった。弱さを見せ合うって、支え合うってこと。時間が経てば関係ないものなのか、とか。

    

    

自分の「好き」が細分化されていなかったからこそ、まわりの恋愛の線引きを聞くと「あ、なるほど」という感想ばかりだった。一緒にいるのが楽とか、そばにいなくても好きだと思うとか、そういう明確ではないものもあった。みんなにとっての恋愛の境界線ってどこなんだろう。

f:id:tnzoe3:20170331203455j:image

       

結論、人それぞれだなと思ったと同時に、「好き」とか「嫌い」とかを細分化する判断要素は一つじゃないっていうことに気付かされた。当たり前だけど、当たり前じゃなかった。 

  

自分の見ている世界は思っていたよりも狭くて、思ったよりも見えていないものが多い。

 f:id:tnzoe3:20170331203519j:image   

   

結局あれこれ「恋愛って。好きって。距離感って。」と頭を抱えていたけれど、いざ本人に会えば「本当に心から大好き」ってなった。細分化するまでの判断要素は持ち合わせていないし、自分や相手にとっての程よい距離感も分かっていないけれど、「そんなのどうでもいいくらいに大好き」という完全感覚ドリーマーになったというオチになった。今は連絡を取らなくなったけど、それでいいんだと思えるようになった。程よい距離感、なのかもしれない。

           

自分にとっての「程よい距離感」は分かっても、相手の距離感はある程度しか分からない。だけど、考えることは大切だと思った。距離感は近すぎると、盲目になる。近すぎて見えなくなって、その部分は恣意的に埋めようとする。盲目を美とするのか醜とするのかは、相互関係において判断することが出来るし、その判断基準となるものは一つではなかった。

             

そして「全てを無かったことにする」なんていうのは感情がある限り、私には出来ないということと、相手にとってそれが良い選択かどうかなんて私が決めるものではないし決められるものでもないということ。

  

すこし前のお話。

2017/03/31

f:id:tnzoe3:20170331203901j:image

 

ほどよい距離感

近すぎて見えないことがある。遠すぎて見えないこともある。距離感って難しい。

    

「ほどよい距離感」というのがわかってしまえば全てクリアになるのかもしれない、とよく思う。

f:id:tnzoe3:20170321163311j:image  


恋愛にして例えるならば「恋は盲目」という言葉が妥当なのかもしれない。

    

シェークスピアの小説「ヴェニスの商人」で出てくる台詞「But love is blind,and lovers cannot see the pretty follies that themselves commit.(しかし恋は盲目であり、 恋人たちは自分たちが犯す愚行に気づかない)」。盲目になって潰れちゃってる人、よくいるな〜って思うし自分も自分しか見えなくなることがよくあるな〜って思う。

f:id:tnzoe3:20170321163607j:image

 

そういう盲目になる状況。存在するものが認識されないのは、「遠すぎる」「近い」「感覚が機能していない」「注意力が機能していない」「微細」「障害物がある」「隠されている、制圧されている」「似たものを混同し、混乱している」の8つの状況のときらしい。インド哲学で、そう言われているらしい。

           

遠すぎたり、近すぎたり。人間関係では近すぎると、うまくいかなくなることの方が多いのかな。至近距離すぎると、物理的にも全体像が見えなくなる。憶測とか、思い込みとか恣意的なものが増えてくる。

      

  

じゃあ「ほどよい距離感」っていうのは、どういうものか、説明出来ない。きっと、人それぞれっていうのが正解になる。関係とか環境とか、そういう色んなものが絡み合って複雑な気がする。

f:id:tnzoe3:20170321163954j:image

    

心理学的に言えば、こういう対人関係での「ほどよい距離感」の感覚っていうのは、幼い頃の環境が強く影響しているらしい。特に恋人とかそういうパートナーとの距離感は威勢の親との距離感が反映しやすい、と。無意識に過去の思い出をなんとか癒そうとしているみたい。

 

ほえ〜〜〜ってなった代わりに、なんだか抽象的に書きすぎて、大学のレポートみたいになった。今度エピソードも交えて書いてみようっと。

 

 

2017/03/21

会う会わない会えない

お母さんが大好きな人をマザコンと略し、お兄ちゃんが大好きな人をブラコンと言うならば、私は家族が大好きなので「ファミコン」と呼ばれる位置に属している。というくらいには、自慢の家族である。

f:id:tnzoe3:20170321153141j:image

      

    

毎週末のように帰っていた佐賀には月に1回帰省するかしないかの頻度になった。
毎日会っていた福岡のお婆ちゃんには、卒業旅行とかを言い訳に週に2~3回しか会わなくなってきた。久しぶりに会ったら少し皺が増えているような気がした。

       

必ず月一で会っていた長崎のお爺ちゃんとお婆ちゃんには、二ヶ月に一度会えるか会えないかになった。言わないだけで、二日前まで体調を崩していたり調子が良くない回数が増えたみたいだった。

f:id:tnzoe3:20170321152939j:image 

    

    

「会えない」と「会わない」は違うし、「会えない」も「会える」に変わる時がある。

    

社会人になって、会う頻度が減るのが既に分かっている。距離の問題にしたくはないけれど、仕事のせいにしたくないけれど、きっとそうなる。その中で、どれだけ会えるのか。どれだけ会うのか。時間を共にできるのか。

    

「会える」も「会えない」に変わることがある。

    

あ〜〜〜会えるうちに会おう。

  

2017/03/21