日常を綴る

止まっているようで進んでいて進んでいるようで止まってる

進んでく

「もう誰とも付き合えないかもしれない」と話す不安そうに話すその人はマッチングアプリを携帯から消した。働き始めて出会いが少なくなって始めたものの、上手くいかなかったそうだ。しばらく経つと後輩からアプローチを受けていた。無理をしなくても、出会うべく人には出会うんだと思った。

f:id:tnzoe3:20190613183056j:image

      

「みんな幸せにしてんのかな」と遠くを見つめながら話す彼女は、上京して同僚や幼馴染、数多くの人からアプローチをされていた。そのうち一人から結婚を申し込まれたようで、学生のときとのギャップに少し動揺しているみたいだった。

f:id:tnzoe3:20190613183110j:image

     

「同棲するかも」と電話口に話す彼女は国境を越えた遠距離恋愛を経て、今その彼のいる国に住んでいる。遠距離って寂しさもあるけど、信頼感すごいよねって言い合ってる。その彼女が同棲するかも、だそうだ。いろいろ都合が変わって、どうなるかはまた振り出しに戻っていたけど。

f:id:tnzoe3:20190613183907j:image

    

今度は、久しぶりの人から連絡がきた。「妊娠しちゃった」とおめでたい話だった。「相手の誕生日プレゼント何する?」とか何かある度に相談し合ってた。初めての妊娠に戸惑いながらも、恋人の「産もう」の一言で自分とお腹の中の赤ちゃんに向き合う覚悟をしていた。 

      

「お腹がいっぱいになった。妊娠してるかも。」のジョークが、笑えないジョークになってきたのが二十五歳。結婚の第一ラッシュだ。お祝い事が増えて嬉しい。

f:id:tnzoe3:20190613183147j:image

     

学生の頃から付き合っている友達は、今プチ遠距離だそうだ。結婚指輪の相場は四十万、結婚式の相場は四百万。二人で貯めて、彼氏の仕事の転勤があれば同棲スタートだそうだ。仕事とプライベートで新しい環境っていいな。

f:id:tnzoe3:20190613183210j:image

     

学生の頃、友達が「一人暮らししたい」とあれだけ言っていた子が「今の彼と結婚するために一人暮らしの費用を貯金に回している」と嬉しそうに言っていた。数年ぶりに連絡をとったら、二人は別れていた。わたしも寂しくなった。呆気ないような、でも二人が納得したならいいのかなとか。

f:id:tnzoe3:20190613183224j:image

     

ずっと仲良くしていた友達は、彼女の不倫をキッカケに連絡を一切取らなくなった。不倫もののドラマや映画の予告を見ると、どうしても彼女と重ねてしまう自分がいる。今は、どうしているのか分からないけど幸せだったらいいな。

f:id:tnzoe3:20190613183931j:image

    

「きっと付き合ったら幸せなんだろうな」と思っていた友達カップルが付き合った。思わず、二人におめでとうと伝えた。幸せそうな二人を見て、幸せになるってハッピーすぎる連鎖だなと思った。

f:id:tnzoe3:20190613184039j:image

    

アーティスティックになりたいと言い続けて、歌や絵、写真や文章、料理をゆるく続けたら「アーティスティックだ」と言われることが増えた。思ってるだけじゃ変わらない、言ったらだんだんと変わるって改めて思った。

f:id:tnzoe3:20190613184102j:image

     

知らない間に、周りも自分も進んでいく。知らないのはわたしだけで、みんな知ってるのかもしれない。  

      

あれだけ悩んだ就職活動も、今では自信を持って語れるものになった。「自分は正しいことをやってきた」っていう経験から生まれる誇りが、今の自分に勇気を持たせてくれたりする。

f:id:tnzoe3:20190613184125j:image

     

うまくいかないときこそ、自分の心の声に耳をかたむける。そしたら、いつか全部つながる。だからあっという間に過ぎてく日々を、自分が好きな自分で過ごしていこうって決めた。改めて。

    

2019/06/13

 

付き合うとは

あなたにとって、付き合うとはどういう位置付けだろう。わたしにとって、付き合うとはどういうことだろう。さいきん考えたこと。

f:id:tnzoe3:20190522001147j:image

     
仕事を頑張る理由。心の支え。自分と向き合うこと。聞けば聞いた分だけ、いろんな位置付けがある。言葉の数だけ、いろんな背景があった。

           
結婚を前提とするなら、それはお試し期間と言う人もいた。人生を委ねるような感覚でお付き合いをしている人もいた。本当に、さまざまで。

f:id:tnzoe3:20190522001220j:image

      
「恋人とは?」と聞かれたのなら、自分にとっての存在を言葉にすればいい。とても表しやすく感じる。極端な話「人による」ものかもしれないけど、私にとっての恋人の存在を表すものはたくさんある。

      
うれしいことがあったら、すぐに連絡をしたくなる存在。うまくいかないことがあれば、声を聴きたくなる。お酒を飲めば、伝えるラブが止まらなくなる。一緒なら、何でもできると思える。と、やっぱり止まらなくなる。

f:id:tnzoe3:20190522001310j:image

      
でも、ふと「付き合うとは?」と友人に聞かれたら答えに詰まってしまった。

      

度合いは違ったとしても、うれしいことは友人にも伝えたい。うまくいかないときは「どうしよう」と家族にすら弱音を吐いている。お酒を飲めば世界中の人が愛で包まれる。『好きな人』というカテゴリーに、恋人以外も含まれる。

       
友人でも家族でも、職場の人でもない恋人と「付き合う」ことの定義は何になるんだろう。

f:id:tnzoe3:20190522001410j:image

      
付き合うの始まりがわからなくなった、と頭を悩ませている人も増えた。付き合わなくても、とっても幸せそうにしている男女も周りに何組もいる。

      
付き合うことを「悪く言えば独占契約だ。」「口約束に過ぎない。」と言う人もいた。お互いが幸せなかたちでいるのなら、それは自由で心地良くて束縛もされずでいい。別に「付き合う」というカタチをとらなくてもいいのかもしれない。

f:id:tnzoe3:20190522001432j:image

     
遠距離恋愛の場合、特に顔を毎日合わせているわけでもない。四六時中、連絡を取り合っているわけでもない。仕事のある日は仕事に没頭していて正直な話、恋愛どころではない。(でもその感じも、好き。)

f:id:tnzoe3:20190522001513j:image
        

そして、もともと友人関係だったら付き合わない選択することもできる。そんなに頻繁には会わないし、ノリがよくて話の合う友達でもよかった。終わりのない関係でいるのなら、そっちの方がよっぽどいい気もする。

      
実際に、同じことを前に思ったこともある。気になっていた人と仲良くなって、そのうちそれが仲良くなり過ぎていて。仲の良い友人という関係のままの方がいいと感情を抑えたことがある。終わりのない「女友達」でいる方がいろいろ考えずにすんで楽だった。

f:id:tnzoe3:20190522001855j:image

         

今の人にも、付き合う前に同じように考えたことがある。ノリが良くて、話の合う面白い人。変に恋心を抱くより、このまま友達でいれば良い距離感なのかもしれない。

        
でも、結局は友達にはなれなかった。付き合うとは、友達になれなかった関係だ。(この言葉、受け売りなんだけど本当にそうだと思う。)

          
色んな面を知りたいと思った。話しているだけで楽しかったから、もっと色んな話をしたいと思った。この人と付き合う人は幸せだろうなと思ったから、一緒にいたいと思った。

f:id:tnzoe3:20190522001939j:image

   
いまも変わらずに、その印象でずっといれるのはお互いがお互いを尊重していたり恋愛だけに固執せずにいれたりするからだと思う。


見えるところでも見えないところでも、相手を思いやって、同じくらい自分のことも思いやっていく。お互いが幸せなら、付き合う付き合ってない関わらず、それでいいんだろうな。今は、今しかない。

f:id:tnzoe3:20190522002031j:image

     

あなたにとって、付き合うとはどういう位置付けだろう。わたしにとって、付き合うとは友達になれなかった関係だと思う。

           

2019/05/22

元号が変わる日

平成最後の日は、白ワインナイトをしようとスーパーに買い物に行って「ワインって、味がよく分からないんだよね」とか言いながら見た目だけで白ワインを買った。

   

私が食べたかったカルパッチョ、彼氏が好きな魚を使って「これがウィンウィンってやつ〜」とか思いながらレジに並んだ。それだけで楽しかった。

 f:id:tnzoe3:20190502235041j:image

        

程よく酔いが回ってきたとき、今までのしんどかった思いを教えてくれた。今までは楽しくて面白い彼氏が、いろんな思いをぶつけてくれた。知らなかった、というよりそこまで深く考えていなかったという感じで拍子抜けした。

    

いっぱいいっぱいになった私は「こんなにも辛くさせるなら、別れる選択をした方がいいんじゃないか」と思った。言葉に詰まりながら、そのまま思いを伝えた。軽々しく別れを口に出す人は嫌いだったので、初めてだった。

   

口に出した途端、苦しくなった。涙が止まらなくなった。自分からその選択肢を出したくせに、別れたくない気持ちで胸いっぱいになりながら言っていた。

       

全て無かったことにしてしまえば楽になる精神が昔からずっとあって、彼氏とお付き合いしてきた日々も同じように出来ると思ってた。でも全然できそうになかった。そう思いながらも、「今まで、ありがとうございました。」と続けた。強がった。

f:id:tnzoe3:20190502235103j:image

          

高校のとき「好きな気持ちがあるのに、別れるとか絶対後悔するからやめなよ」とあれだけ友達に言っていたのに、自分からその決断をする日がくるなんて思わなかった。それくらい、仕方がないって思った。でも、ありがとうが切なかった。

         

この数日、一緒に過ごして、そばにいてくれるだけで幸せだって実感してた。色々あっても、きっと大丈夫だって思った。やっぱりこの人だっていうのは、直接関わってから気付けるもんなんだろうなってなった。こんなに幸せな気持ちにしてくれるのは、この人だからだって何度も実感した。

        

だから「何も出来ない」と悔しそうに話していたのが不思議だった。時間やお金を使うことが全てなのか。何かをする、じゃなくて何もしなくても側にいれるだけで充分だったのに、こんなにも幸せなのに、どうしてそんな風に思うんだろう。酔った勢いで話す思いを聞いて、彼氏の気持ちが分かった。それから、申し訳なさがたくさん募った。

f:id:tnzoe3:20190503000532j:image

       

朝起きたら、荷造りが済まされていた。そして「寝ている間に帰るか少しだけ迷った」と教えてくれた。そのあと、会話をした。帰らずにいてくれて良かったと思った。朝起きて、こうやって目を見て話せて良かったと心から思った。

     

何も言わずに、知らない間にサヨナラを告げる人がいる中で、感情をぶつけてくれたのが嬉しかった。気持ちを教えてくれた。しっかり向き合ってくれた。教えてくれなきゃ、気付けなかったことも多かった。

     

それから思っていることを、同じように伝え合って、今まで通りの関係で居られることになった。令和を迎える朝は好きな人と迎えることができた。何事も、当たり前じゃないんだって改めて気付かされた。好きな人とは、やっぱり付き合っていたいと思った。

f:id:tnzoe3:20190502235231j:image

    

彼氏が帰ってしまって、家でカメラのフォルダに並ぶ写真や動画を見た。携帯の中から聞こえる自分の声が想像以上に高くって、とても嬉しそうで幸せそうだった。好きが、溢れてた。

        

なんかもう、いろいろ難しいけど伝えることだけは諦めずにいたいと思った。遠距離でお互いに状況が変わっていったとして、優先順位も生活のペースも変わっていくことだってある。

     

それなら、そもそも自分がどうありたいのかを考える。何を一番大切にしたいのか、その上でじっくりゆっくり考えて選択をする。遠距離が寂しいなら、近くにいる人を探せばいい。そもそも付き合わなければいい。

     

でも付き合うって決めたのも、付き合っていると決めるのも、お互いの自由。強要するものでもされるものでもない。ポリアモリーであることも、不倫をすることも、別れることも、そもそも付き合う選択をしないってことも、全部自分達で選んで決めている。

f:id:tnzoe3:20190502235301j:image

   

その中で、私たちは付き合う選択をしたってだけで。先のことは誰にも見えないし、私自身どうしていくか分からないし、そもそも人生何が起こるか分からない。だけど、これからもこの人と付き合ってたいと、思った。

       

「今○○らへんにいるよ」の連絡が来るだけで嬉しいなんて、まだまだ中高生の恋愛と変わらないのかもしれない。

   

何をしていても笑顔になるし、誰かにヤキモチを妬くことだってあるし、関われば関わるほど魅力的だと思ってる。良い仕事のパートナーにもなるだろうし、何も言わなくても意思疎通を図れるくらいの親友にもなれると思う。足りないところは補い合うってことも出来る。それくらい尊敬してる。なんだって出来ると思ってる。

f:id:tnzoe3:20190502235137j:image

          

だからこそ、お互いにプラスな選択をしていきたい。「自分のことを自分で幸せに出来ない人は、他人を幸せにすることはできない」というのと同じくらい、「他人を幸せに出来る人は、自分をもっと幸せに出来る」と思ってる。幸せにしたい人ナンバーワン。

    

という、結果いつもと同じ話。ごめんねとありがとうと、大好きってなった元号が変わる日。

    

2019/05/02

 

昨日は、誕生日でした

祝ってほしい人に直接祝ってもらえるって一番幸せだと思うんです。最高の誕生日プレゼントだと思うんです。昨日は、誕生日でした。

f:id:tnzoe3:20190429213303j:image

        
色んな人からおめでとうの連絡。ラインやメッセンジャー、メールにビデオ通話。いろんなかたちで「おめでとう」をもらった。

          
サプライズでホールケーキを届けるためだけに会いにきてくれる人もいた。ああ、こんなに愛してもらってるって幸せだってなった。誕生日って、いろんな人にありがとうを伝えたくなる。

f:id:tnzoe3:20190429213241j:image

    
ということで、なんと、彼氏が会いに来てくれた。誕生日を祝う、ためだけに。なんだ、ただの幸せ者なんだ。んだんだ。

     

好きな人と一緒に過ごせるってだけで、こんなにも幸せなんだなってなった。会えるっていうの、当たり前のようで全然当たり前じゃなくって、もっとこう、大切にしようって思った。約束ができるってこと自体が、めちゃくちゃうれしいことだった。それが実現できるって、ああ、もう、ラブが止まらない。

f:id:tnzoe3:20190429214605j:image

           
一年前の今日も同じように祝ってたねって話せることが嬉しかった。何気ない会話が全て、うれしい。世界一の幸せ者な気がするなんて、浮かれた言葉がたくさん出てくる。乾杯のビールは、何杯だって飲めそう。

f:id:tnzoe3:20190429213516j:image

     

昼過ぎてから起きる日は、久しぶりで幸福感がすごかった。起きて天気がいいからって理由で、福岡まで歩いたのも幸せだった。歩くのは好きだ。でもきっとそれは、好きな人と歩ける時間が好きなだけだ。話しながら景色が変わっていくのが好き。

    
初めて通る田舎道を一緒に歩いて、途中で見つけた味が分からないくらい硬いアイスを食べた。たくさん歩いた先では、たこ焼き機を買った。帰る前に、公園に寄った。シロツメクサで花飾りを作ったり、雑草見つけて草相撲をしたり、家から持ってきた手作りラスクを食べたり。小さい頃の遊びが、大人になってもこんなに楽しめた。

f:id:tnzoe3:20190429213620j:image

      
帰り道は電車で帰った。あんなに時間をかけて歩いた道は、電車だったら一駅だけだった。知らないおじさんに道を聞かれて「良いカップルだ」と去り際に言われたのが嬉しかった。帰り道に寄ったスーパーで、ビールの入ってるビニール袋を振り回す姿が大好きだった。

f:id:tnzoe3:20190429214011j:image

   
たこ焼きを得意げに作るのに、タコ入れるのを忘れてたり。酔っ払ってプレゼンみたいに思い出話をする姿が、すごくすごく好きだった。何もしなくても、一緒にいれるだけで最高に幸せな存在ってすごい。

f:id:tnzoe3:20190429213702j:image

     
ヤマダ電機で買ったHDMIのおかげで、パソコンとテレビが繋がった。近くのビデオ屋さんを知らなかったので、借りに行かずに好きな映画を観れるのは最高だった。連休だからこそ、家で二人でダラダラ、映画を見ながらアボカドチップスを食べるのが至福だった。

f:id:tnzoe3:20190429213833j:image

    
毎日のように買い物に行って、毎日のように美味しいご飯を作ってくれる。何もしてなくていいのかな?となりながら、好きな音楽をYouTubeから流してる。「この曲いい曲だね」って好きな曲を褒められるのも、友達の結婚式で一緒に聞いた曲を聞けるのも、全部ぜんぶ嬉しい。

    
二日酔いの朝は、味噌汁を作った。わたしが作ったのは、その味噌汁以外は二日目のフレンチトーストと、ホットサンドもどき。それくらい。でも、たくさん美味しいを共有できた。

f:id:tnzoe3:20190429214148j:image

     
それは向こうが、たくさん美味しい空間と時間を作ってくれたから。昨日の晩に作り過ぎていたタコ焼きと一緒に食べる朝。

f:id:tnzoe3:20190429214204j:image


鯛の炊き込みご飯と、アサリの味噌汁に、ほうじ茶。バターキチンカレー。手作りの人参ドレッシング。

f:id:tnzoe3:20190429214234j:image


好きだと言ったら、すぐに作ってくれたポテトサラダに揚げ茄子。二人とも小さい頃から好きだった金平ごぼうに、余り物で作った豚キムチ。美味しいよって勧めたら二日間も作ってくれたアボカド梅ぽん。

f:id:tnzoe3:20190429214302j:image

    
お刺身コーナーでテンションがあがる姿も、たぶん彼氏が帰った後も思い出すんだろうなってくらい毎回立ち止まってた。

f:id:tnzoe3:20190429214332j:image

    

あんなに毎日のように刺身を食べるってのも、今だからだろうな。彼氏と食べるスーパーのお刺身は、どこのお店で食べるよりも美味しい。あんなに楽しみだった休みの日が、あっという間に終わりに近づいていて、幸せな気持ちは残しておこうと書いています。

f:id:tnzoe3:20190429214505j:image

          
もう一回だけ言います。彼氏がすごく好きです。これ以上に幸せにしてくれる人はいないと思ってます。この人と付き合えて、心の底から幸せです。ただの惚気です。本当にラブが止まらない。

    

2019/04/29

 

髪の毛を切った

髪の毛を10センチほど切った。ロングヘアからミディアムといったところだろうか。気合い入れ、そして自分の中での切り替えというところで切ってしまった。自分の中での違和感は無いけれど、鏡を見ると「あ、ない」と思った。ヘアアレンジの数も減ってしまって少し寂しい。

f:id:tnzoe3:20190425055346j:image

     

最近は余裕がなかった。笑ったり泣いたりした。ムシャクシャもした。仕事がうまくいかなくなったら、いつも通りにやっていても  なんだかバタバタして過ごしてしまっている。きっといつも通りじゃダメなんだろうけど、たぶんこれ以上のことは出来ない。

          

この間は、休みの日が一日だけだった。これまでは平日休みで一日だけの休みというのが当たり前だったのに、土日休みに慣れると全然身体が休まった気がしなかった。慣れって、たぶん、いつの間にかやってきてる。

f:id:tnzoe3:20190425055402j:image

       

休みの日、何もしなかった。心身ともに休めよう、とかなんとか言って誰も聞きやしないのに何もしなかった言い訳を考えていた。予定のある週末に慣れて、誰かに話せるような何気ないエピソードすら思い浮かばないことが嫌だったのかもしれない。

       

でも何もしない日を過ごしたら、淡々と一日を過ごしたら、周りとの接触がなくても案外大丈夫だった。自分でも、意外だった。

f:id:tnzoe3:20190425055459j:image

    

相手がいてくれるものだと思うから求めて、苦しくなったり寂しくなったりする。でも、そういう弱さや繊細さがあるから、結び付きを必要とするのかもしれない。何もなければ、たぶん一人で生きることはできる。生きる、というと大きなテーマみたいな気がするけど、なんというか誰もいなくても毎日を充実して過ごせると思う。

f:id:tnzoe3:20190425055548j:image

                  
悩むことも胸を痛めることもなければ、誰かを求めずに一人でやっていける。もし、感情的になったり気が狂いそうになったりしなければ、一人で目の前のことに向き合うことだって全然出来る。でも、それは「できる」というだけの話で。

   

いなきゃダメじゃなくて、いたら嬉しい。いてくれるだけで安心する。なくても違和感は、きっとないけれど、でも、ふとした時にきっと寂しくなる。髪の毛と一緒だ。

      

2019/04/25

二週間

一人暮らしが始まってから二週間が経った。まだ二週間か、四月は時間がゆっくり流れてる。引っ越してから、新しい仕事が始まってから、二週間のこと。

f:id:tnzoe3:20190413162553j:image

        
半年以上ぶりの一人暮らしは、思っていたより心細かった。どちらに身体を傾けたら、寂しさが紛れるのか試したくらいだ。

     
慣れない部屋での生活は、東京でのウィークリーマンションを思い出させる。毎晩仕事から帰ったら、お風呂を沸かせて、その間にご飯を作る。食べ終わったら半身浴をして、そのあとは誰かと電話をして眠るサイクル。

f:id:tnzoe3:20190413162642j:image

     
ちょうど一週間前は、桜が満開だった。春の訪れがより一層不安になった。仕事への焦りや不安で、頭の中がいっぱいいっぱいだった。やる事はやっているはずなのに、もしかしたら不備があるかもしれないと、永遠と頭の中をグルグルさせた。

     
考えたって仕方のないことだ、と分かっていても考えてしまう自分に呆れる。考えなければいいことも、考えてしまって結果苦しくなる。一人暮らしで寂しさも際立って、不安と焦りのオンパレード。

f:id:tnzoe3:20190413162723j:image

      
「DON'T THINK , FEEL」なんて言葉は、ドラマや漫画の世界じゃない限り、タイミングよくやってこない。世知辛さだけが残った。

     
そのくせ、こういう時に弱音を吐くことが苦手だ。何をどう伝えたらいいか、苦しいを苦しいとストレートに言っていいものなのか、相手を困らせるだけじゃないのかと、そこでも考えて結果的に頼れなくなる。相手の問題というより、周りとの関係をシャットアウトする自分の問題だ。不器用か。

 f:id:tnzoe3:20190413162856j:image

          
終いには、タイミングよく誰かが全てをマネジメントしてくれたらいいのにと、ナイモノネダリをしている。誰かに責任を押し付けてしまえば楽だからだ。自分で最初から最後までするって、不安ばかりが募る。もう、いっぱいいっぱいだった。

f:id:tnzoe3:20190413162912j:image

     
そんなとき「やるしかないっしょ」とポジティブに考えるように促してくれたのが、彼氏だった。もうね、毎回毎回自分でも呆れるくらい支えられてる。ありがたいなぁ。

     
そういえば、わたしは彼と付き合う前に当時の悩みを相談をしたことがあって「こんなにも親身になって、具体的に相談に乗ってくれるんだ」と驚いたことがあった。


そんなスーパー相談に乗ってくれた人に頼ることを、今まで躊躇していた。「頼るのがニガテ」と言い訳をして、嫌われるのが怖かったからなのかもしれない。弱いときはトコトン弱い。臆病者だ。

 


真剣に他人の悩みに真摯に向き合ってくれる人が、自分の彼氏だなんて幸せすぎるってなった。ああ、これはもうやられた、ゾッコンじゃんとなった。


その日、翌日の朝も早いこともあって少しだけど決めていた電話も、一時間はとうに越えていた。彼が家に着くタイミングでわたしもお風呂に入ると言って電話を切った。


いつものように半身浴をしながら、支えてもらっているなと感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。幸せを幸せと言える幸せを、大切にしたいと思った。気付けば不安な気持ちも、飛んでいった。

 


お風呂からあがると「彼女のブログが一番良い。感性や文章、写真すべてが素敵だ。」とツイッターに書かれていた。


こんなにも幸せでいいんでしょうか。おかげで、この二週間疲れたけど頑張れた。エネルギーをたくさんもらってる。二週間、大変だったけど頑張れた。明日からも頑張れる。

引っ越し前夜

このまま眠ってしまえば、朝起きると明日になる。ああダメだ、洋服がまだダンボールに入れられてない。もう少ししたら、起きて準備をするぞと数分前から何度も思ってる。明日は引っ越しだ。

f:id:tnzoe3:20190326214211j:image       

     
今日は、四月からの新しい職場に挨拶に行く日だった。年上の人ばかりで、今のところよりも狭くって古めかしい建物を見て「冬は寒くなりそうだな」なんて呑気なことを考えていた。同期の人も三つ上の優しい人だった。少し安心した。

     
完璧に揃えたはずの書類は、足りないところばかりで「まだまだだなぁ」と情けなくなりながらも「最初は、このくらいが私らしいか」なんて開き直ったら楽になった。訂正印をたくさん押した。

f:id:tnzoe3:20190326214241j:image

     
それから、明日から住む家のガスの開栓に立ち会った。お風呂のお湯たき機能が備わってるからワクワクした。今までより家賃が高くなっただけあって良い部屋になりそうで嬉しい。

      
そうそう、転入届も出した。新しい住民票を発行してもらった。マイナンバーカードに、新しい住所が転記された。「これからこの街に住むんだ」って身が引き締まるような思いになった。

         
引っ越しには、慣れたもんだ。福岡に住むとき、広島に住むとき、東京に住むとき。そして佐賀に戻ってくるとき。最初はチェック表を見ながらしていた引っ越しも、今は紙とペンすら必要なくなった。

f:id:tnzoe3:20190326214355j:image

    
この街を出るときには何歳になっているんだろう、どんな思い出が出来てるんだろう。もしかしたら出る日すら来ないのかもしれない。なんて、見えない未来を想像して胸が高鳴るのがわかるのが嬉しい。

      
しばらくは、きっと、うまくいかないことが続く気もする。それだけじゃなくて緊張すること、理不尽なこと、力不足を痛感して情けないこと、山ほどあると思う。こればっかりは、どうしようもない。

      
だけど、その分、これからが楽しみになっている。これだけの不安が、どこまでステップアップできるんだろう。どれだけ自分のものに出来るんだろう。気持ちに余裕があると、前向きになれるみたい。

f:id:tnzoe3:20190326214648j:image

       
「すごいやつになる」と言われて嬉しかった日もある。「どこでもやっていける」と太鼓判を押してもらって、プレッシャーに押し潰されそうになった日もある。だけど、だからこそ、好きな自分で在り続けたいと思った。

      
「運が良い人生も、運が悪い人生も、どちらも存在しない。運が良いと思う自分と、運が悪いと思う自分がいるだけだ。運命とは、決断の結果である。」と、どこかで聞いた言葉を羅列する。宗教チックだけど、なるほどなと思う。要は、自分の気持ち次第ってことだ。

     
「これってディスティニー?」なんて思うことは幾らでもあるんだと思う。どう思うかなんて、どんな運命かなんて、自分の手の上で転がし放題だ。

f:id:tnzoe3:20190326214806j:image   

     
それなら、人として、色んな引き出しのある深みのある人になりたい。音楽や文章、アートや写真色んなジャンルが出来るアーティスティックな生き方をしたい。大切な人を大切にしたい。やっぱり、あげ出したらキリがないくらい欲深い。それでも、わたしは好きな自分で在り続けたい。

   

      
よし、ベッドから起き上がって準備の続きをしよう。

2019/03/26